Internarional Club Members Countries  

 

この設立構想は1923年のウィンブルドン大会会場にて当時の英国首相アーサー・ジェイムズ・バルフォア(Authur Baflour)氏と当時国際的に著名なイギリスのテニスジャーナリスト、ワーリス・マイヤース(Wallis Myers)氏により生まれました。その後「テニスマンによる国際交流と、より一層のテニスの発展」を目的とした集いを提唱し、1924年11月26日 「英国国際ローンテニスクラブI.C.」が初めて誕生しました。

 

国際ローンテニスクラブカラーとしてスチールグレーとピンクが選ばれており、ストライプ柄のデザインによりそれぞれ独自国のデザインモチーフとなっております。

 

この活動に賛同する国が続々と増え、現在40カ国が加盟中です。

The initial idea of the International Club was conceived at the 1923 Wimbledon Championships, when a former British Prime Minister, Arthur Balfour, was chatting with Wallis Myers, an outstanding writer on lawn tennis. Uppermost in Balfour's mind was the prospect of promoting international goodwill by friendship across the net. Meyers, was not one to let such an opportunity pass, and on the 26th November, 1924, the I.C. of Great Britain was formed. In the following year, steel grey and pink were selected as the Club's colors. The I.C. was to foster friendship, pure and uncommercialized.

Contact

If you have any other enquiries, please contact: 

Shali Hutchins 

IC Council 
PO Box 400  Wimbledon 
London SW20 0QZ 
Telephone: 044 (0) 208 946 9374 
Email: contact@tennis-concepts.com

上記内容はIC本部の英語サイトからの抜粋です。